基本を知っておこう!建売分譲と注文住宅の大きな違いとは?

建売分譲と注文住宅の違いを知る

夢のマイホームを持ちたいと考えたときに選択肢に上がるものとして建売分譲と注文住宅のどちらにするかというものがあります。建売分譲というのは、文字通り、ディベロッパーの側で土地の仕入れから建物の設計、建築まで予めすべて行い、購入者が買うのは出来上がった状態のものとなるような住宅の販売形態です。一方の注文住宅は、土地の選定から建物の設計まで、購入者の希望に沿って行う形態の住宅で、建売分譲に比べて自由度が非常に高いというのが大きな違いです。両者には、それぞれメリットが存在しており、建売分譲については多くの人にとって使いやすいような設計がなされているため失敗が少ないという点が強みであるのに対し、注文住宅はより自分の好みを活かした間取りを実現することができるという利点があります。

建売分譲と注文住宅のコストの違い

では次に、価格の面で建売分譲と注文住宅がどのように違うのかを見ていくことにしましょう。あくまでも一般論ですが、建売分譲の場合は同じような間取りと設備の建物を複数建てることが多いため、材料の調達コストが安くでき、その分注文住宅に比べると値段は安めに設定されていることが多いです。一方で、注文住宅は利用する設備や材料を施主の裁量である程度選ぶことが可能であるため、なるべく廉価なものを選ぶことによって価格を大きく引き下げることが可能です。もちろん、こだわってハイスペックな材料などを選べば価格も跳ね上がってしまいますが、希望条件と予算の折り合いをうまくつけることによって理想的な物件を手に入れることも可能です。

一戸建ての暮らしには制約が少なく、楽器演奏やペット飼育など自由度が高いというメリットがあります。またリフォームやメンテナンスも行いやすく、ライフスタイルに合わせた快適な空間が作りやすいのも魅力です。

© Copyright Help And Advice. All Rights Reserved.